通販サイト、ショップの運営の仕事

通販サイト、ショップ運営の仕事

楽天とかamazonに出店している会社。または自社で通販サイトを持っているところが該当します。

 

このような会社はたくさんあるものの正社員の求人があまり出ていません。

 

楽天を見ればどんな会社があるのかざっくりと想像がつきます。化粧品会社、IT機器、美容関係品、健康食品、アパレル、etc

 

IT系を目指す人の足がかりにはなるとおもいますが、正社員登用の道はあまりないと言えます。何故ならばそこまでクリエイティブな仕事でもなく技術が問われる仕事でもないからです。アルバイトさんや派遣さんが多く働いている職種です。

 

主な仕事内容は出品するための商品の管理、商品を撮影したり画像を加工したり。サイト上の見栄えをよくしてコンバージョン率をアップさせたり、サイトのHTMLやphpを編集したりキャンペーンを開催したり、です。そして注文が来ればサンキューメールを送ったり、商品の梱包・配送まで行います。あとはメルマガ作成、管理等ですね。webで物を売るという業務の全てがここで修得できます。

 

会社によっては社長と自分の2人だけで業務が進む場合もあるし、数名規模の会社で先輩社員の元教えてもらいながら仕事をするケースも見られます。このような会社の場合、実店舗を運営しているケースもあり、店頭での接客の仕事も兼務する場合があります。IT系の仕事かと思ったら販売業だった、なんてこともありますね。

 

以上のことから業務範囲は幅広く毎日動きのある仕事ですので充実感もあり面白い仕事となるでしょう。

 

 

さて、ITで実務を重ねてゆくゆくはエンジニアとしてのキャリアを望んでいる場合はこの手の仕事は何年も継続してもしようがありません。早い段階でwebの知識を修得してweb制作、編集の道へ進むのが親和性が合って良いと思います。

 

自社webサイトや通販サイトのメンテナンスを通して行く中でも得られる知識はあります。webに関する他の資格をとってもいいしプログラミングを覚えてもよいでしょう。スライド的に似たような仕事に転職する場合はwebエンジニアです。HTMLから覚えるのが簡単で、その後webサイトの企画やデザインなど興味がある方向へ進みます。あとはネットワークエンジニアの道もあり資格で明確に評価されるので、採用のチャンスに繋がりやすいといえます。

 

それと商品価値がわかってくることでプライシング設定のノウハウも身につくでしょう。いつどのタイミングで商品が売れるのか、価格を上げられるのか、はMDやバイヤー業務にも通じる部分です。

 

ステップアップは自分次第だと思います。