ホームページの制作という仕事

HTML、CSSを駆使してホームページを作る仕事

ホームページ制作は自社制作の場合もあるし、他社からの依頼で制作する場合もあります。他社製作の業務のほうが多いんじゃないかなと思います。

 

業務内容としては依頼が入った案件に対してのwebイメージのデザイン案の作成、HTML言語でのコーディングとなります。お客様の要望によって写真を撮影したり、バナー作成、動画のアップロード、ストリーミングなども必要です。また最近ブログにおいて流行っているWordPressでの展開もあるしスマホ対応も必要になるでしょう。

 

必要になるスキルですがHTMLの知識は必須です。画像の加工用のツールもあると便利でphotoshop、illustratorなども使えるといいですね。HTMLコーディングはDreamweaverが代表的なツールで扱えると早く作れます。基本的に事務所内でシコシコ仕事をするので人と会話したり営業が苦手といった方にも出来る仕事です。

 

まったくIT系が未経験といった方でいきなりホームページ制作の仕事をやりたいと思った方はせめてHTMLをいじれる用になっておくほうが良いです。先輩社員とOJTで学んで行く中で一人前になっていきましょう。未経験求人も探せばありますけど、概ねホームページ制作の会社は大手よりも中小企業に多いですので、人を育てるような環境が整ってるか微妙だからです。

 

この仕事のいいところは業務の中で完全にスキルを醸成、追加していくことができる点です。加えて最新のweb業界の技術にも携われるし場合によっては自分でサービスを立ち上げて独立しちゃう人もいるぐらいです。デザインセンスが良かったり技術力があればお客さんから直接依頼を受けて収入アップのチャンスでもあります。今だとphpまでできると人材として非常に重宝され年収も600万以上も見えるぐらいになっているんです。

 

最初は給料は少ないので20万円前後で我慢しなきゃいけない世界です。ホームページ制作会社は数が多くライバルが多いので価格競争で安く仕上げることを必要とされるケースが多いからです。1件当たりの売上が安いので社員の手取りも安くなっちゃうのは仕方がありません。大手から大規模な依頼を貰える場合は別ですが、そうでなければ小売店やエステサロン、美容室、飲食店などの店舗、小さめの企業などから制作を依頼されることになるので1件あたりの売上単価が安いんですよね。

 

ゼロからこの仕事に携わりたい、入社したいと思った場合はHTMLとCSSを扱って自前でホームページを作成してみることですね。今だと無料のレンタルサーバーもあるし、HTMLもCSSもメモ帳で作れます。全て無料で学習できてホームページを作れるので、それで磨いて下さい。転職活動の面接の際にあなたの実績を見せて下さい、ということも言われる場合もありますよ。