プログラマーという仕事

魅力あふれるプログラマの仕事

もともとプログラミングが好き、という方は別として急にプログラマになりたいと思う方も居るようです。

 

いままで販売や営業の仕事をしていたのにプログラマーかっこいい!と思ってITの仕事を探し始める方もいるんですね。

 

ということで、プログラマーがどんな業務内容なのか説明していきますが、IT採用を狙ってる方は未経験者が多いと思いますが、いきなりプログラマというのはこれもハードルが高い職種ですので、その点は予め認識しておいた方がいいです。プログラマになるために様々な勉強を積み重ねる必要があるので覚悟してください。

 

では、プログラマーという仕事ですがレベルによっていくつかあります。

 

プログラムだけする人(コーダー)

プログラムというのはコンピュータ言語を使ってアプリやソフトやサイトを作る事になります。

 

基本的には「設計書」と呼ばれる日本語で書かれている資料を見ながら、それをコンピュータ言語に落としこんでいく作業です。

 

言語は様々ありJAVA, C, C#, C++, Ruby, VB, PHP, Perlなど本当にたくさんあります。それらを全てマスターすることは難しいので1つでも人気の言語をマスターしておくと良いです。

 

今だとスマホとネットの台頭によってPHPが鉄板です。あとJAVAは昔から鉄板です。Windowsアプリを作るのにVCやVB、といった感じです。コーダーは設計書を書かず、ただプログラミング(コーディング)するだけの人です。

 

 

詳細設計も書くプログラマ

前述のとおり設計書を読んでプログラムに落としていく人が、成長して詳細設計書も書けるようになると1段階レベルが上がったと言っていいでしょう。

 

コーダー1年もやれば詳細設計書けます。(最初から詳細設計書く人もいるけど、会社によるかな)詳細設計はどうやって書くかというと、基本設計と呼ばれる設計書を読み込んで、詳細設計に落とし込みます。世間一般でプログラマーと呼ばれてる人は、詳細設計を書いてプログラミングもする人のことを差していますね。

 

 

優秀なプログラマー

プログラマ歴3〜5年もすれば優秀になります。その上流工程の基本設計を書いたり、システムエンジニアになっていく人もいるでしょう。

 

一般的には給料はSE>プログラマなのでそういうキャリアパスを描く人もいますね。あるはプログラミングができれば独立の道も見えます。フリープログラマってかっこいいですよね。
欧米ではプログラマの地位が高い(給料が高い)んですけど日本だと低いんですよね。

 

 

ということで、プログラマに未経験からなるにはかなり勉強しないといけないですので、頑張ってください!