テスター、デバッガーという仕事

テスター、デバッガーで品質を向上させる仕事

今までは全く他業界で働いてたけどIT業界で働いてみたい、と思うようになったら、業界未経験、初心者でも割りと間口の広い求人が出ているのがテスターやデバッガーという仕事をおすすめしたいですね。

 

テスターとデバッガーは若干違っていて、テスターの上位がデバッガーというイメージです。デバッガーという円の中にテスターという円がある、という図を想像してもらえると分かりやすいかもしれません。

 

さて、いずれも始めは楽勝な仕事だと思いますので未経験でも正社員じゃなく派遣社員でもアルバイトでも務まる仕事です。けど責任が大きい仕事でもあります。なにせ商品やサービスが正常に動かないとお客様に迷惑、損害を与えることになりかねませんからね。

 

IT業界のなかでテスターといえばソフト、アプリ、ゲーム、OA機器などのテストを行って品質を上げていく仕事になります。プログラマや製造サイドで作った商品はまだテスト前段階なので多分にバグが含まれています。そのバグを洗い出して直していく仕事です。

 

たとえばゲームならボタン操作どおりにキャラクターが動くか、パズルが完成したらCongratulationsの文字とともに次のステージへ進むか、スロットのように777がランダムで出るか、そういう項目を1つ1つチェックしていくような作業になります。

 

バグが発生したら、バグが出たよーと報告する(エクセルとかの管理表に記入する)。ここまでがテスターの仕事です。デバッガーはプログラマが兼任することが多いですが、そのバグが出た箇所を特定して原因を追求してどこそこのプログラムファイルの何行目のコーディングがミスってますよ、というようなバグ修正部分まで口出しすることがデバッガーの役割です。

 

どちらの仕事も最初は楽勝で誰でも出来ると思います。そこからどのようにキャリアを伸ばしていくかは個人の問題です。品質管理長になっていくのか、同時にプログラミングも勉強してプログラマになるのか。正社員目指すならそこから先も考えておかないといけません。10年もテスターやってる人材なんて要りませんと言われてしまいます。アルバイトでも出来る仕事なんだから。

 

ということで、IT系を考えている方にとってテスター・品質管理の求人は比較的探しやすい上に未経験採用OKのケースが多いので、ぜひとも探してみてください。正直いって何度も同じテストを繰り返していると飽きてしまう方もいるかもしれません。あるいは毎日のルーチンが苦にならない方、知的生産が苦手な方にとっては天職かもしれませんよ。