Webエンジニアという仕事

今が旬なWEBエンジニアの仕事

WEB系というと最近はIT採用が増えています。未経験OKの求人が多い職種でもあります。これは昨今のスマホ、ゲーム業界の伸びと連動している部分が大きいです。

 

web系の人材不足が顕著となっていて未経験でもいいから採用して教育していこうという会社が増えていることが背景にあるようですね。

 

で、web系といっても様々な仕事があるので独自で調べて欲しいのが本音なんですけど、SEやプログラマに該当する仕事が多めです。

 

Webディレクターやphp,HTML,perl,javaエンジニアなどと呼ばれる職種です。

 

webディレクターはまとめ役のSEのような仕事です。企画立案からスケジューリング、メンバーのまとめ、お客さんとの交渉、自社開発の場合は仕様の策定などです。

 

webディレクターの音頭の基づいてプログラマがphpやHTMLやjavaなんかの言語を使って開発をしていくことになります。

 

 

開発する対象はwebなのでやはりホームページが挙げられます。それからwebサービスもそうですね。

 

最近は様々なサービスが世の中に生まれて行っています。クラウドクラウドともてはやされていますが、そのジャンルも仕事が多いのと伸びしろもありそうです。あとはスマホとの連携とかスマホゲームもwebエンジニアが活躍しています。

 

未経験多めといっても求人の中では5%程度と想定すべし

 

おおよその場合では転職、中途採用を考えている会社としては「経験者優遇」です。未経験者は採用しません、というのが普通なのです。

 

webエンジニアといえばかなりスキルが必要とされる仕事でもあり、即戦力が求められているので、何かIT系の仕事ないかな〜ぐらいの意識で探している人には採用は難しいと認識しておくべきです。